2007年09月14日

見積書の見かた



葬儀には様々な必要とされる物があり、料金設定が格安だと思い葬儀を依頼すると、別途費用などでかなり追加があることがあります。

葬儀の費用は大きく分けて4つにわけることができます
1.葬儀一式・・・通夜・葬儀・告別式費用
2.飲食・・・通夜ぶるまいや精進落しなど
3.香典返し・・・葬儀がおわったあとにします。
4.お布施・・・通夜・葬儀での読経や戒名

それぞれの内容を詳しく見ていきます
1.葬儀一式

●葬儀
祭壇・・・祭壇のレンタル料金。白木祭壇、花祭壇の種類があります。
     セットの場合、プラン外になるとオプション料金となります。
棺・・・布張り、木彫りなど様々な種類の物があります。
    祭壇同様、セットの場合、プラン外になるとオプション料金となります。
飾りつけ・・・白木位牌、受付設備、看板、枕・後飾りなど葬具のレンタル費用など
遺影
ドライアイス・・・ご遺体を保存するのに使用します。
         セットの日数を超えて使用する場合は、追加料金となります。
骨壷・・・種類によっては、オプション料金になります
喪主花
遺体保管料・・・葬儀社や斎場が一時的に遺体を預る費用です
会葬礼状・・・返礼品に同封する、会葬者への礼状
役所手続き代行・・・死亡届けの提出、火葬許可書の受け取り
●火葬場
火葬料
待合室費
●車両
寝台車
霊柩車
マイクロバス
ハイヤー(タクシー)
●斎場
式場使用料
●返礼品
会葬御礼品・・・人数分
●その他
心づけなど

これらは、
「祭壇、御寝棺、ドライアイス1日分、事務用品、御写真(手札1枚サービス)、会葬礼状100枚、枕飾り、御納棺、式典運営諸経費、内装費」
「祭壇、桐8分棺(内装品含む)、白骨壷容器一式(桐箱・覆い付き)、遺影写真(四つ切)、ドライアイス(1回)、白木位牌、寝台車(ご自宅〜戸塚斎場)、受付用具、焼香具、死亡届手続き代行、火葬場案内」などセット料金になっている葬儀社もあります。
セットの内容は、葬儀社によってかなり違いがるので必ず見積もりで確認が必要です。

2.飲食
通夜ぶるまい・・・一皿3000円〜5000円×枚数
精進落し・・・人数分
飲物・・・人数分

3お布施
読経料
戒名料

4香典返し
香典返し・・・人数分

そのたのオプションとして、メモリアルビデオやメモリアルディスプレイなども
あるようです。

費用は、会場の規模、人数などで大幅に変動します。
人数が増えれば費用も膨らむと考えればいいと思います。
セット料金で安く感じても、セットに含まれていない分が、オプション料金となるので注意が必要です。
だいたい、会葬者100人で300万円ぐらいだそうですが、これは、相場ではなく目安となります。必ず、見積もりをとって、必要な部分とそうでない部分、追加したいオプションなどを選択する事をおすすめします。




posted by みぃ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。