2007年09月14日

葬儀・葬式当日の流れ−葬儀・告別式まで

葬儀、告別式の準備
◎手伝っていただく人の役割を決めます
・受付係
・炊事・接待係
・車両係
・写真係
・留守居係など
◎供花・供物の確認をします。
 供花・供物が届いたら、名札の肩書き・氏名を確認します
 供花・供物は関係の深い順に並べます。また、会社関係などの場合、社会的な立場を尊重して 並べ順を決めることもあります。
◎焼香順位の確認をします。
◎出棺時の役割分担を決めます
 出棺時の役割分担を決め、本人にきちんと伝えておくようにします 
・遺族代表の挨拶をする人
・位牌(喪主)、遺影、遺骨を持つ人
・棺の持ち手(4〜6人)
◎ 弔電の順番を確認します。
◎僧侶への挨拶
 僧侶が着かれたら、喪主は挨拶に出向きます

葬儀と告別式の意味
●葬儀とは・・・
葬儀とは故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む儀式です。
葬儀とはあくまで故人のためのものであります。
●告別式とは・・・
故人の友人や知人が故人と最後のお別れをする儀式です。
本来は葬儀に続いて会葬者全員で、遺骨を墓地に埋葬する前に行う儀式でしたが、最近では、一般の会葬者全員が火葬場まで行くことがなくなったために、会葬者の焼香を中心に行われるようになりました。

葬儀・告別式の進め方(仏教式の代表例)
○葬 儀
●遺族、参列者着席
 焼香の順番を考えて着席します。
 ↓
●開式の辞
 司会者が行ないます
 ↓
●僧侶入場
 ↓
●読経
 30分〜40分要します
 ↓
●遺族、近親者焼香(読経中)
 僧侶焼香後に指示に従い遺族から焼香を行ないます
 ↓
●僧侶退場
 ↓
●弔辞、弔電の奉読
 司会者により奉読されます
 ↓
●閉式の辞
 司会者が行ないます。

○告別式
●僧侶入場
 ↓
●開式の辞
 ↓
●読経
 
 ↓
●参列者焼香(読経中)
 ↓
●僧侶退場
 ↓
●閉式の辞
 
○出棺
●故人との最後の別れ
 遺族、近親者、知人・友人などが、出棺前の最後の別れをします。
 この時に、棺の中に花を添えたり、思い出の品物を入れたりします。
●出棺


最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことがほとんどないため、
告別式は焼香を中心に行なわれるようになりました。
そのため、葬儀と告別式を同時に行なうことが多くなっています。葬儀と告別式を同時に行なう場合は、葬儀の遺族、近親者の焼香に引きつづいて、参列者も焼香してます


posted by みぃ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

開式の辞/開式の辞
Excerpt: 開式の辞について悩みを解決するには、まずは開式の辞についての正しい知識が必要です。そこで、開式の辞についての情報を集めました! 開式の辞について調べて、開式の辞に関する悩みを解決しちゃいましょう!..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-09-24 16:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。